※下に並んでいる記事の一覧リストだよ!

2016年1月25日月曜日

アフタヌーン2016年3月号:橘花第一寮、最後の日@パラレジ完結

月刊アフタヌーン 2016年3月号買ってきたよ!

 月刊アフタヌーン2016年3月号を買ってきました。※電子版だよ!
  →横のは◆無料版のレビューを書いた「日々蝶々」(を入れたVita)。

・表紙:フラジャイル(TVドラマ放送中)
 →ドラマ主要キャストのインタビュー記事1Pあり。
・新連載:いとまん「発症区」カラー4Pあり
 →◆第一話無料配信(モアイ公式)
・四季大賞@2015年冬:井村朔早「奴のサナトロジー」48P
・BLACK-BOXはカラー4Pあり
 →主人公を差し置いてカラー見開きをぶちぬいていくスタイル。

・読切:熊倉隆敏「解形民」(かいけいみん)62P
・完結:パラダイスレジデンス(!?!?)
・休載:天の血脈(隔号のディザインズ、ヒストリエは掲載なし)
・27作品、840ページ

 なんとパラダイスレジデンス今号で完結。(全21話)
 →前身の8話は◆2014年7月号の付録にも収録。
 話的には女子寮存続問題が決着し、見せ場もありつつきれいにまとまって終わりました。
 立ったキャラも多いし十年くらい続きそうな安定感がありましたが、たしか予告も無かったので親衛隊(仮)の方々にも激震が走ったんじゃないでしょうか。
 ただ、次回作は今春(また早いなあ……)ってことなので、そう待たずに告知されるであろう新作に期待。

 話題のフラジャイルは今号の21話からまさに「病理」がテーマの新章なのでニューカマーも安心です。
 表紙だと平常モードの岸先生が本編ではびろろーーーっとしていたり、久々にコメディ色が強めでした。
 →いつも異常にクオリティが高いおまけ4コマ2Pもあり。
 なお最新のザッキーはぴょんぴょんするんじゃあ^~的な辱めを受けていますが、経験値を積んだ今では立派に病理の一員として(押し付けられた)仕事をこなすようになっていました。

2016年1月24日日曜日

漫画レビュー:「日々蝶々」、「エルフェンリート」、「銀河鉄道999」


 ふだん期間限定で読める無料本をむさぼるように読んでいるわけですが、まれにこれはというものがあります。
 そこで、今週読んだ中から特に面白かった森下suu「日々蝶々」、岡本倫「エルフェンリート」のレビューです。
(文章はリーダーストアに投稿したものとだいたい同じ)

*「銀河鉄道999」を追記。

2016年1月19日火曜日

2016年初頭の冬アニメ、初回の感想だよ!@紅殻、てーきゅう7期、おじマシュ、亜人、だがしかし


(トルネはスクショ保存禁止なので直撮り)

 2016年初の冬アニメ第一話感想です。
 だいぶ偏っているかもしれませんが、今期見ている(見た)のは紅殻のパンドラ、てーきゅう7期、おじさんとマシュマロ、亜人、だがしかし、その他ローカルの再放送等です。
(続行枠のオルフェンズ、ルパン、おそ松さんは割愛)

 環境的には、去年ようやくナスネを買ったことでいろいろと余裕ができました。
(PS3+トルネ→PS4+ナスネに移行)
 年末のSHIROBAKO一挙放送を始め早くも積みが増えてきていますが、とりあえず出揃ってきた今期のアニメについて少し。

2016年1月3日日曜日

福袋’2016:「大黒屋」お菓子福箱(千円)買ってきたよ!!!!!!!!

福袋@2016年:「大黒屋」お菓子福箱(千円)

 ディスカウントショップ「大黒屋」にて、福袋ならぬお菓子の「福箱」(千円)を買ってきました。
 もうランドセルくらいなら普通に入りそうなサイズとなっており、比較用に置いたVita、HGガンプラそのバカでかさが分かるでしょうか。

 なお例年ではおかしのまちおかで買っていましたが今年は初売り1月2日の都合が悪く買えませんでした。
 夜になっていろいろ回ってみてもピンと来るものが無かったところ、文字通り積まれていたのを見かけて購入しました。
 とにかく何か福袋買いたいんだよ!!!! と思いつつほぼ諦めていたので、本当にたまたま通りかかって見つけられたのは新年早々の幸運でした。

 まあ正直あーあーこんなデカい箱使っちゃって、中身スッカスカなんじゃねーのと不安もありましたが中身を確認していきます。

*追記@2017/1/2:
 今年も都合がつかずまちおかは売り切れていたので大黒屋を狙う予定です。
 なお、(自分が見てきた店舗では)大黒屋の初売りは4日でした。

2016年1月2日土曜日

あけたよ!(2016)


 あけました。 ※あけたよ!
  →画像はガンプラEXPO'2015で買ってきた◆G-3とトラバ。(過去記事)

 2016年になって、今のところ見る予定のアニメは亜人、だがしかし、紅殻のパンドラ、てーきゅう7期、おじさんとマシュマロくらいなので自分は全然アニオタじゃないと思います。
 そんなわけで、軽く本サイトの2015年を振り返ってみます。