過去記事更新

2015年7月8日水曜日

PS+2015年7月:スト5ベータ抽選権、Trine2、閃の軌跡、アマガミなど

PSプラス2015年7月:ストVベータテスト、信長の野望・創造、閃の軌跡

 2015年7月8日更新分PSプラスについて。
  →PS公式ブログ更新情報
 この中だとメインはストVベータテスト抽選権かもしれませんが、個人的にはファンタジーな横スク系パズルアクションのTrine2一択な印象(でもコールオブファレスも捨てがたい)。
 あと、ふだん見向きもしないトライアルも今回は「ホットライン:マイアミ」の試遊時間が1時間ではなく3時間だったり、名作「Cytus」チームの新作「DEEMO」があったりでそれならちょっとやってみようかなという感じ。

 他は信長の野望(PS4)、閃の軌跡(PS3/Vita)、アマガミ(Vita)等がありますが、まあ好きな人はどうぞというところ。
 全体的には廉価版系の小粒感もありますが、◆更新直前の一週間はPS4版GGイグザード&Vita版バットマンBGを提供(!!)していたのでちょうどいいくらいかと思います。

*■前回(2015年6月分) ■次月(2015年8月分)


 今月の更新内容一覧(主に今月追加分)。

◇フリープレイ

 ※配信期間:いずれも2015年8月4日(火)まで。

PS4
・信長の野望・創造 →◆PS公式
・Trine 2: Complete Story →◆PS公式
(PS3版も存在するけどフリプ提供はPS4のみ)

PS3
・コールオブファレス:ガンスリンガー →◆PS公式

PS3/Vita
・英雄伝説 閃の軌跡(PS Vita the Best、PS3 the Best)(Vita TV対応) →◆PS公式

Vita
・エビコレ+ アマガミ(Vita TV対応) →◆PS公式

PS4/PS3/Vita
・RACE THE SUN

PSP
・パタポン3 PSP® the Best →◆PS公式

PS1アーカイブス
・絶体絶命都市



◇ディスカウント
・Nom Nom Galaxy(PS4)
 ¥1,360 → ¥1,088 (20%OFF)
 2015年7月1日(水) ~ 2015年7月14日(火)

・地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR(PS4) →◆PS公式
 2015年7月1日(水) ~ 2015年7月30日(木)
 ¥6,980 → ¥5,584 (20%OFF)

・龍が如く 維新!(PS4/PS3) →◆PS公式
 ¥7,961 → ¥3,981 (50%OFF)
 2015年7月8日(水) ~ 2015年8月4日(火)


◇スペシャル(※恒例っぽいものは省略)

・「ストリートファイターV」クローズドベータテスト抽選券(PS4)
 配信期間:2015年7月8日(水) ~ 2015年7月14日(火)

 ベータ実施は2015年7月24日(金)~2015年7月29日(水)の予定。

・「真・三國無双 Online Z」PS+限定特典
 →「貴石」ドロップ率2倍、獲得「義」50%アップなど。
  ※2015年7月16日(木) より配信予定。

・「ソウル・サクリファイス デルタ」用アイテム「記憶の塊」(Vita)
 2015年7月8日(水) ~ 2015年8月4日(火)
・カスタムテーマ:「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」より(PS4/PS3/Vita)
 2015年7月8日(水) ~ 2015年8月4日(火)
・PS+スペシャルテーマ7月分(PS4/PS3/Vita)
 2015年7月8日(水) ~ 2015年9月1日(火)

◇トライアル
・DEEMO~ラスト・リサイタル~(Vita)(Vita TV非対応) →◆PS公式
 2015年6月24日(水) ~2015年7月21日(火)
・ホットライン マイアミ Collected Edition(Vita)(Vita TV対応) →◆PS公式
 2015年7月8日(水) ~ 2015年8月4日(火)

 ダウンロード後の3時間試遊可能。
(PS4版も存在するが、今回のトライアル対象はVita版のみ)

・プリンス・オブ・ストライド(Vita)(Vita TV対応) →◆PS公式
 2015年7月10日(金) ~ 2015年10月6日(火)




◇公式ブログ更新情報@2015/7/7
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/709/20150602_psplus.html
◇配信中のコンテンツ一覧(公式リスト)
http://www.jp.playstation.com/psn/plus/list/index.html
 




 遅れましたが雑感です。
 今回はトライアルの対象になっていた二作について軽めにレビューしていきます。

◇ホットライン:マイアミ: →◆PS公式
 良い方向に予想外面白かったです。
 珍しく試遊時間が3時間だったのをほぼフルに使ってプレイしました。

 こちらはゲーム冒頭の1シーン。

   _人人人人人人人人_
   >  人の殺り方を  <
   >オレが教えてやるよ<
    ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^YY^Y ̄


 この時点でもう人によってはアプリをそっ閉じでしょうね。
 ビジュアル的にも16ビット的というか、良く言えばたいへん個性的なものとなっています。


 ゲーム画面。
 かのGTA2を彷彿させるようなトップダウン(見下ろし)のアクションです。

 ゲームシステムはハイスピードな死にゲーです。
 敵が居る部屋に入ると超スピードで敵が駆けつけて撲殺され、敵が銃を持っていればコンマ数秒で射殺されます。
 このため常に奇襲で倒していくことになりますが、やはりほんのちょっとでも操作が遅れると即☆死するようなバランスでした。

 最初のうちは何もできずに死んでいきましたが、遠めから敵をロックオンして物を投げる(気絶させる)とか、ドアの前で待機して、敵が来たところでドアスラムで倒すといった攻略法に気づいていくとどんどん面白くなってきました。
 たとえ銃を持っていてもゴリ押しはほぼ通用しないのでプレイヤーの練度が要求されます。
 こんな感じなので好みが分かれるところですが、腕に覚えのあるコアゲーマーに高い支持を得たというのはよく分かる気がします。

 ゲーム中(というか暗殺の仕事中)、主人公は変なアニマルマスクを常時かぶっています。
 進行していくと新たなマスクがどんどんアンロックされ、それぞれパンチ力強化、ドア攻撃強化などの特性があります。

(序盤なせいかさほど役に立たないものが多い)

 武器も新しいものが増えていきます。
 ただし持っていけるわけではなく、各エリアに初期配置されているランダム武器の種類が増えるという感じ。
  →武器を装備していけるマスクもあったような。
 サムライソードなんかは、拾えれば攻撃範囲や殺傷力が強めです。

(銃には勝てなかったよ……)


 新武器ゲットだぜ! >> ビール缶 << ※いらねえよ!!

 ただ、缶でも銃でも拾った物を投げつけて敵をスタンさせるのがかなり重要なため、まったく役に立たないわけではありません(近接攻撃力は皆無だけど)。


 なおサムライソードあたりを使うと、敵が両☆断されたりします。
 このゲームもドット風の絵柄とは言えゴア面がギリギリな気がしますが、よく発売できたなあという感じ。

 ちなみにこのゲーム、暴力描写(特に身体欠損)、ドラッグの示唆なんかもある割にはCERO:Dだったりします。
 まあ◆ウルフェンTNOでもしょっちゅう首が吹っ飛んでいたし、多少の欠損くらいならもうオーケーになったのかもしれません。
 それでもZっぽい気がしますが、◆プリペイドを検討するとかせずとも普通に買うことができます(いいのかな……)

 まあそんなわけで、見た目のチープさとシビアなゲーム性、だいぶぶっ飛んだ表現で独自の境地に至っているなかなか面白いゲームでした。


◇DEEMO~ラスト・リサイタル~ →◆PS公式
 続いて音ゲーの新作。
 制作元は、スマホ系で精力的に楽曲追加をし続けているCytusで有名です。

 今作はカジュアル寄りというか、印象としてはあざとい系に感じました。
 こればっかりは好みの問題で、ちょっと自分には合いませんでした。

 スマホ由来というのもあってシステムは単純で、2点のタッチかスライドしかありません。
 ある程度音ゲーが得意なら普通にプレイできるでしょう。
  →全編でタッチ操作なのでVita TVには非対応。

 ただ楽曲のほとんどはゆったりしたピアノ主体のもので、こういうのが好きな人ならともかくDIVAやらPSP版ポップンやらやっている自分としてはだいぶ物足りないものがありました。
 ちなみにVita版の追加要素として、ゲームを進行していくと竹達彩奈のナレーションによるフルアニメーションムービー(※スキップ不可)が何度か挿入されますが、いち音ゲーマーとしてはそういうのいらねーからという感じでした。
 システム面とかも置いておくとして、これはもうこういう世界観が好きかどうかで評価が変わるでしょう。



 それにしても、1時間では短い。
 さすがにダウンロード時間とかは含まれませんが、遊べるのは初回起動した瞬間から1時間だけです。

 毎度恒例ですが、これだからトライアルってやる気にならないんですよね。
 その点でもなぜか異例の3時間だったマイアミは好印象でした。
 なんとマイアミは翌月(2015年8月)期間までトライアル配信が延長されており、(内情は分かりませんが)やはり好評だったのではないかと思います。

 総括すると、優しすぎて(汚れきった自分には)あんまり楽しめない音ゲーでした。
 くどいようですが、ゲーム内容はともかくトライアル時間を1時間→2時間にするだけでもだいぶ違うと思いますがどうでしょうかね。



 以上です。ではまた。

*■前回(2015年6月分) ■次月(2015年8月分)

 これまでの分■PSNラベルで。


アニマルマスク 豚

0 件のコメント:

コメントを投稿